在宅ワークでライターの仕事をしたい時に抑えておきたいポイントですが、まずは自分の得意とするとライティングは何になるのか確認をしておくことが大切です。自分の得意とすると項目を確認しておくと仕事を受ける時にもアピールすることが出来ますし、依頼相手も安心して仕事を任せることが出来ます。

他にも在宅ワークのライターで抑えておきたいポイントは、タイピング速度です。タイピング速度が遅い場合は、多くの仕事を受けすぎてしまうと期日内まで仕上げることが出来なくなります。自分のタイピング速度をきちんと把握することで、どの程度の仕事をこなす事が出来るか確認することができるので安心です。

また在宅ワークでは自宅で仕事をするために集中力が必要になるので、集中力することが出来る部屋作りも大切になります。集中力が欠けてしまうと良いライティングをする事ができません。出来るだけライティングに集中する事が出来るような部屋作りを行なうことで、期日内にライティングの仕事を完成することが出来ます。

最後にライターの在宅ワークで抑えておきたいポイントは、始めたばかりの時は仕事を受けなすぎないことです。慣れてくるまではペースを掴みにくいので注意が必要です。

仮想通貨 3月暴落の理由、いつまで続くか!?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2018年に入ってからというもの仮想通貨の暴落が止まりませんね。ビットコインなどは2017年末と比較すると半値以下になるほどの暴落です。この要因は一つではなく様々な要因が複合的に絡まりあったものですが、その中でも大きな要因を占めるのがブロックチェーン技術の信頼性の疑義によるものと、世界各国の規制強化による要因があります。

前者については日本発といって良いかも知れませんが、仮想通貨取引所のコインチェックから何百億もの仮想通貨NEMが流出した事件がありました。一応のところは4月に入り解決となったものの、流出したコインは帰ってきませんでしたし犯人も捕まっていません。この事から同様な流出事件が今後も発生するのではないかといった疑義が在宅ワーク中心の仮想通貨投資家達の間で不信感が広まり、暴落の原因となりました。そしてもう一つが仮想通貨規制強化によるものです。一部の国では仮想通貨取引所に対する新規参入を規制したり、仮想通貨自体の取引を禁止しようという法案を提出しようとした国もあります。まだまだ技術が成熟していないためこのような規制の動きもありますが、暴落後、下値は一旦底堅い動きとなりましたので今後は堅調な動きが見込め、当局による規制の動きがなければ早ければ5月ぐらいから反騰の動きになる事が見込めます。

在宅ワークで契約をもらうための企画書作成方法

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

在宅ワークで契約をもらうための企画書作成方法は、まずワードかエクセルという会社が使用している事が多いソフトを使用して企画書を作成するようにしましょう。これでソフトを作成するスキルがある事が分かりますので、契約をもらえやすくなります。

そして、内容は簡潔に自分が企画している内容をまとめるようにします。表にするのが一番分かりやすいかもしれません。表にすると時系列で自分の企画を表記するような形になりやすく、5W1Hを明確に表現しやすくなるからです。

企画書で重要になるのは、内容も大切ですが、まず分かりやすい事が求められるようになります。どのようなものが分かりやすいのかというと、5W1Hがもれなく簡潔に記載されているものです。これによって誰が、いつ、何を、どのように、どこで、どの方法でという事が分かるので、これで企画の内容を把握することが出来ます。在宅ワークではそれほど奇抜な企画が求められる事は少ないと言ってもいいでしょう。求められるものは、この必要な内容を簡潔にまとめるという、5W1Hの能力と言っても良いはずですから、これが出来ているという事をアピールできる書類にすることが大切だと考えるようにします。

在宅ワークを始めるのに必須のアイテムは何?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

在宅ワークを始めるのに必須のアイテムは、パソコンです。パソコンはデスクトップタイプでもノートでも構いません。パソコンを持っていると在宅でデータ入力をしたりライティングをするといったクラウドソーシングサービスを利用することができます。

私もクラウドソーシングサービスを利用して在宅ワークをしていますが、パソコンは必須アイテムです。外出中はスマートフォンで入力を行うことがありますが、スマートフォンよりもパソコンを利用した方が入力速度も速くいちどに確認できる範囲も広いので重宝しています。

在宅ワークといってもいろいろな業種がありますが、最近はパソコンさえあれば手軽にお金を稼ぐことができる在宅ワークが増えています。特別な技術を持っていなくても記事を書くことで収入を得ることができますので、外出することが難しい子育て中のお母さんや介護中の方などにも最適です。

パソコンを用意するのが難しい場合には、スマートフォンだけでも在宅ワークをすることは可能です。音声入力を利用すれば簡単にスピーディーに文章を入力することができますし、スマートフォンがなければタブレットでも在宅ワークをすることができますので、後はインターネット環境があれば完璧です。スマートフォンやパソコンを最新のものでなくても構わないので古いもので大丈夫です。

仮想通貨 3月暴落の理由、いつまで続くか!?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2018年に入ってからというもの仮想通貨の暴落が止まりませんね。ビットコインなどは2017年末と比較すると半値以下になるほどの暴落です。この要因は一つではなく様々な要因が複合的に絡まりあったものですが、その中でも大きな要因を占めるのがブロックチェーン技術の信頼性の疑義によるものと、世界各国の規制強化による要因があります。

前者については日本発といって良いかも知れませんが、仮想通貨取引所のコインチェックから何百億もの仮想通貨NEMが流出した事件がありました。一応のところは4月に入り解決となったものの、流出したコインは帰ってきませんでしたし犯人も捕まっていません。この事から同様な流出事件が今後も発生するのではないかといった疑義が在宅ワーク中心の仮想通貨投資家達の間で不信感が広まり、暴落の原因となりました。そしてもう一つが仮想通貨規制強化によるものです。一部の国では仮想通貨取引所に対する新規参入を規制したり、仮想通貨自体の取引を禁止しようという法案を提出しようとした国もあります。まだまだ技術が成熟していないためこのような規制の動きもありますが、暴落後、下値は一旦底堅い動きとなりましたので今後は堅調な動きが見込め、当局による規制の動きがなければ早ければ5月ぐらいから反騰の動きになる事が見込めます。

◎不満買取センターとは?
不満買取センターは、不満を投稿するとお金になる不満投稿サービスです。

サービス開始(2015年3月18日)してから、既に会員登録
<<25万人突破!>> あらゆる不満を買い取っています!

不満買取センターとは?

日本、そして世界でも唯一の、個人から不満を買い取り、それを企業に販売している会社です。どんな不満でも、買い取ります。不満の中には、必ず商品やサービスをより良くするためのヒントが眠っているのです。

何が強みなのか?

優れたデータサイエンティストチームが、1日1万件・累計200万件を超える不満データを日々解析をしています。特に、自然言語処理技術に強い優位性を持っています。これにより、大量のテキストデータから統計的な示唆を抽出することが出来ます。

何の事業をしているのか?

不満データベースにある不満をご購入いただくこともあれば、ご要望に応じて特定のテーマの不満を収集・解析するサービスも提供しています。また、定期的にビジネストレンドに合わせた不満レポートの作成・販売もしております。是非一度、お問合せください。

詳しくはこちら

本気になったら大原

  • 投稿日:
  • by

学校法人大原学園とは、大原簿記学校を代表とする専門学校、大学院大学、幼稚園などを擁する学校法人である。設置校とグループ関連校をあわせて、札幌から沖縄までに61の学校が存在する。一般には「資格の大原」と称して、資格取得に強いことをアピールしている。また、「本気になったら大原」というコマーシャルが有名。本部は東京の水道橋にある。主な設置校としては、以下である。

・大原簿記学校・大原法律専門学校 
・大原法律公務員専門学校
・大原情報ビジネス専門学校
・大原情報ビジネス専門学校
・大原医療福祉専門学校
・大原スポーツ公務員専門学校
・大原大学院大学(会計大学院)
・府中ひばり幼稚園

「資格の大原」と称しているだけに、その取得できる資格の種類は多彩。資格をとって就職したいと考えている高校・大学・短大卒業生を対象にした専門課程コースや、短期間で資格取得を目指す社会人・大学・短大生を対象にした社会人コースなど、様々な資格取得までのコースがある。国の教育ローンや日本学生支援機構とも提携、また大原独自の奨学生制度、社会人講座の高校生対象割引制度、在学生割引、卒業生割引、家族割引など、学生の支援体制も整っている。

ホームヘルパー資格

  • 投稿日:
  • by

高齢化社会を迎えるに当たって、福祉関連の資格の重要性はこれからますます高くなっていくといわれています。福祉関連の資格の中には、試験を受けなければならない資格もありますが、試験はなく、特定の条件を満たせば取得できる資格もあります。福祉資格に関連して言えることは、ほとんどの場合、何らかの形で実習を受けなければならないということです。

たとえば、福祉資格の中で、取得者の数が最も多いといわれているホームヘルパー資格についてですが、ホームヘルパー2級の場合、130時間の研修と共に、介護実習、ホームヘルプサービス同行訪問、在宅サービス提供現場見学などの実習を行う必要があります。介護の現場を直接肌で感じることが、福祉資格を獲得するための重要な要素であるといえるでしょう。

また、福祉資格によっては、実務期間を必要とする資格もあります。ケアマネージャーと呼ばれる資格は、介護に必要なプランなどを作成する専門職ですが、この資格を取得する場合、最低でも5年、最長では10年もの実務経験を必要とします。さらに試験を合格しなければなりません。介護というと、身近な印象があるのですが、実際には資格を取るためには大変な努力をしなければならないのです。

医療資格を取得

  • 投稿日:
  • by

医療資格を取得するためには、ほとんどの場合、試験に合格する必要があります。医療資格についてあまり詳しくない人には、「医学部を卒業したら医者になれる」と勘違いしていることも少なくありません。実際には、医学部を卒業しただけで誰もが医者になれるというわけではありません。また、医学部を卒業すること自体が大変なことです。

名門大学の医学部などでは、医師試験に合格する見込みのない学生を卒業させないこともあるのです。そのため、医師試験の合格率は例年9割を超えているのですが、これは医師試験が簡単な試験というわけではなく、学校側が受ける資格のある生徒をある程度選別しているという事情もあるのです。

医療資格といえば、看護士にも看護士資格が必要です。無論、この場合も、看護士試験に合格する必要があります。医療の仕事は、人の命を扱う仕事です。だからこそ、医療に携わる者には、厳しい試験が科されることになるのです。簡単な気持ちで、医療の資格を取ろうなどと考えても、長続きするものではないでしょう。

なお、歯科技工士や、義肢装具士なども立派な医療資格です。これらの資格を手に入れるためにも試験が必要になります。医療資格には、実にさまざまなものがあります。単純に、医師資格、看護士資格だけで区分されているわけではありません。専門性が高い職業だからこそ、細分化されているのです。

国家資格を取得

  • 投稿日:
  • by

資格には、国家資格と民間資格、公的資格などがあります。あなたが資格取得を考えている場合、まずは、どのような資格があり、それが国家資格なのか民間資格なのかをしっかりと調べるようにしましょう。民間資格の場合は、取得しても就職などの役に立たないこともあります(役に立つこともあります)。

国家資格は、ほとんどの人が何らかの形で一つか二つは持っているはずです。たとえば、自動車免許なども、立派な国家資格の一つなのです。また、高校卒業資格や、大学卒業資格も、国家資格といえるでしょう。
専門卒業資格については、政府から認可を受けていない専門学校などもあるので、一概に国家資格と分類することはできません。

国家資格を取得するためには、多くの場合、試験に合格することが条件となります。中には特別教習や技能講習を受けることによって取得することができる国家資格もありますが、これは、主に機械などの操作に関する資格がほとんどです。専門的知識を必要とする資格などは、ほとんどの場合試験に合格する必要があります。試験時期については、各国家資格によって違います。また、各資格の人気度、難易度なども大きな違いがあります。簿記資格などは知名度も人気も高い資格といえるでしょう。